マイケルJr. 育成中

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港の小学校 1年生のテキスト 〜音楽・コンピューター・宗教〜

<<   作成日時 : 2016/06/26 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

主要5教科(英語・中国語・算数・生活・スペイン語)以外の教科書達はこちら。

まず音楽。
宿題も小テストも無いので、授業の様子が見えにくく、謎の多い教科でした。
定期的な小テストは無いものの、期末テストには組み込まれていたので準主要教科?

音楽はテスト期間とは別の時に、「ピアノのテスト」があったらしいです
終わってからJr.に報告されて知ったのですが、、。ピアノできない子いないの?全員家庭で習ってる前提??Jr.はたまたまピアノを習っているので何かしらを弾けたみたいですが、日本だったらピアノ習ってない子いっぱいいますよね??(現代はそうでもないのかしら?)
特に家から楽譜を持って行ったわけでもなく、何を弾いたのか、他の子がどうだったのか謎のまま、、

音楽の教科書
PEARSONシンガポールの出版で、シンガポールの国家が収録されているので、シンガポールの学校向けの出版。多分香港では音楽の教科書を中国語版しか取り扱ってないから?
おもむろに音符が登場するのだけど、上下にずれて音階の違いがあるのになんと五線無し!?読みにくくないか??てか読めるのか?まあ慣れれば読めるのかもしれないけど、ドレミもABCも記号はふられていない、、という謎の体裁。

これ以外に学校作成のプリント集のようなものがありました。
画像画像
こちらはd r m f s l tと音階はアルファベットで表記、横線は引いてもあくまで5線譜ではない、という、微妙なレベルのドリルになっていました。それと私は見たことないのですが音階を表すハンドサインというものが存在してました。これって役に立つのかな、、。
音譜の名称も全音符はWhole noteではなくSemibreve、4分音符もQuarter noteではなくCrotchet、と難しい単語で覚えることになっていました(今調べたら米系英系の違いみたい)。

Jr.はピアノをCDEFGABのアルファベット音階で習っているのですが、特に学校と混乱することも無く、それぞれで覚えているようでした。


次にコンピュータ(Computer Study)。

Jr.には家のパソコンを触らせる予定はなく、学校の課題等でもまだ使用していないようなので、必要に迫られない限りPCの知識は学校で教わる分だけで良いかなと思っています。実技テストも学校で行われているようですが、成績表を見る限り、まあそこそこの点数が取れているので、家での復習すらしていません。私が普段使いするPCを(壊されたりデータ消されたりしたくないので)触らせたくないから、というだけの理由です

Computer Studyの教科書
初の電子教科書で、1A・1Bの2冊分?購入するとURLとパスワードが貰えました。一度だけアクセスしましたが、単元毎にまとめのスライドと、練習問題ができるようになっていました。
ただ、特に宿題が出るでもなく、家で復習等しなかったので、一切活用しませんでした。


次に宗教(Religion)。Jr.の学校はカトリックなので、聖書が教科書代わりでした。

Jr.の宗教については過去記事に詳しく書きましたが、学校でカトリック教育をされることについては可も無く不可も無くです。マイケルが一応カトリックなので、どちらかというと歓迎でしょうか。
私はキリスト教ではないので、Jr.が何かお願い事があると日本人的「よろずの神」の意味で「神様にお願いしてね」と言っていましたが、多分Jr.は「神様=キリスト」と捉えていると思います。
Jr.は一度香港の祖父母(カトリック)に日曜礼拝に連れて行ってもらったのを覚えていて、「教会に行って御祈りがしたい」と言ったこともあります。「次のテニスの日が晴れますように」という可愛いお願いをしたかったらしいので、学校の礼拝堂でしたら?というと、授業や行事でないとダメで勝手に入れる所ではないらしく。別に教会じゃなくても神様はどこでも聞いてるから、寝る前に空に向かってお願いすればいいんじゃない?と教えておきました 親の都合ですみません

宗教の教科書(聖書)
広東語と英語のバイリンガル表記だけど学校では英語で習ったはず。(教科担当は担任なので、多少スペイン語でも習ったかも?)15センチ四方位で小ぶりだけれど、厚みが3センチ強なのでそれなりに重い。3年生まで同じものを使うみたいです。
大丈夫なのかこのアニメ顔はいくら子供に親しみやすくとはいえ、、アダムとイブのキャラとか、私はかなり受け入れがたいのだが、、というイラスト。しかも出版元がグラフィックデザインとかやってるところ?謎すぎる。
マイケル曰く、(自分もそこまで聖書に詳しいわけではないけれど)、子供用に話が簡略化されているっぽくて、話の流れがちょっとおかしい気がする所もある、とのこと。ただ、まあ子供が楽しく読んでくれるならそれでいいのでは?とのことでした。

Jr.は絵本としてこの本を読んでもらうのが好きみたいで、特に宿題は無いけれど授業日に持ち帰りしてほぼ自宅に保管していました。キリスト教&英語ということでこの本はマイケル担当。私は宗教的に内容の理解も危ういので、日本語に訳して読んだりもしませんでした。

宗教の科目も毎学期、テスト期間付近の授業中にテストがありました。多分口頭テスト。
聖書のお話に沿って事前に出された幾つかの質問に対する答えを覚えて置く、というもの。と、聖歌の実技テストみたいでした。
Jr.は普段から聖書のお話を聞くのが好きだったので、テストのために特に覚えこませる、としなくても、出された問題の所をもう一度読んでおく、位の対策で済んだのは楽でした。聖歌も好きだったみたいで、自分で延々歌っていたので、マイケルが英語の単語や発音を直してあげて、楽しく対策できました。


以上がJr.が香港の学校で、小学1年生に使用した教材たちでした。
書店に支払った分だけで3000ドル弱(当時約4万5千円)、結構なお値段ですよね、、。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入り

香港の小学校 1年生のテキスト 〜音楽・コンピューター・宗教〜 マイケルJr. 育成中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる