アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「広東語 絵本」のブログ記事

みんなの「広東語 絵本」ブログ


香港小学校1年生 痴漢対策授業

2016/01/08 23:51
Jr.の小学校が始まって、わりとすぐに開催された特別授業が、なかなか良いものだったのでメモしておきます。
「痴漢対策」でも有るのですが、要するに「性教育」の最初のステップなのかと思います。が、それをタイトルに入れるとちょっとセンセーショナルすぎるかなと

ある日Jr.がうれしそーに、なにか鳥のマスコットのストラップのようなものを持って帰ってきました。
電話番号が書いてあり、「ここにかけるとスーパーヒーローが出て来るんだって」と。
「電話したいしたい!」と騒ぐので、「キャラクターと電話でお話」みたいな遊び番号なのかな?と仕方ないからかけてみた、、。

そしたらフツーに広東語で人が出たよ!やばい!絶対違う!
と思って焦ってブチギリしちゃいました ごめんなさいーー
しかも、その後ちゃんと他の資料を見てみると、、
超まじめな「痴漢・性被害相談室」的な、、
ごめんなさい、ごめんなさい、ほんっとにごめんなさい

そうだよね、、学校から遊びの番号貰ってくるわけ無いよね、、。
深く考えずに行動してしまいました、、反省


てなことがあったのが、表題の小学1年・新入生向けの性教育授業があった日です。
どうやら「Life Education(道徳?)」の時間に、外部から来た特別なバス(献血車とか地震体験車的な?)の中でビデオを見て、特別授業を受けたようです。

貰って来たのは、プリントと、絵本と、例のストラップ。
資料も絵本も広東語だったので、授業は広東語だったのかも。

プリントには、裸んぼの男の子と女の子のかわいらしい絵が書いてあり、それぞれ「おしり」「おまた」と女の子は「むね」に矢印がしてあって、ここが「私人的部位(Private Part)」です。ととても簡潔な絵図になっていました。
注意事項として簡潔に、
Private Partは人に見せたり触らせたりしない、いつも服を着て保護しないといけない
と書いてあり、ワークとして服のシールを貼りましょう、と書いてありました(貼ってませんでしたが)。

絵本はこちら
A5サイズで30ページ程の絵本で、18歳以下の性被害を防ぐための団体が出版したものみたいです。
不不ちゃんというウサギの女の子が、通学路でエロタヌキおやじに「人参あげるからおいで」と言われてついて行ってしまうところから。タヌキおやじは泳ぎ方を教えてあげると言って、水の中であちこち大事なところ(Private Part)をタッチ。女の子は気持ち悪かったけど状況が良く分らず、次の日も同じように被害に会います。耐えきれず不登校になり、かといって親にも話せず、ついにに家出。すると天使が出て来て話を聞いてくれました。ようやく落ち着いて家に帰り、両親と話をすることができました。タヌキおやじは天使に諭されて、反省して自首、以後改心したそうです。ちゃんちゃん。

出てきた天使がJr.が持って帰って来たストラップの「正義の味方」マスコットでした

この授業のメッセージはシンプルに
・Private Partは人に見せたり触らせたりしてはいけない
・触られたり嫌なことをされたら大きな声で「NO!」と言って走って逃げる

年齢に即した内容で、かつ簡潔に大事なポイントを押さえているので、とてもよいものだと思いました。
(Jr.は天使のマスコットの意味はちゃんと理解してきませんでしたが、メインの大筋は理解したと思いたい)


そういえば科目連携のトピックでもあったのか、「General Study(GS:生活)」の教科書のにも似たようなコーナーがありました。
章としては「体」という項目で、手や足、頭といった基本パーツの単語の確認と共に、目を疲労から守るには、肌を日焼けから守るには、といった内容で、キーワードは
体は皆それぞれ違う(different)、私達は自分の体を守り(protect)、お互いに尊う(respect)ことが必要
というものでした。その章の一角に、仕掛け絵本のようにめくるとそれぞれ裸の女の子と男の子が見えるドアが2つあるページがありました。
初めJr.は、子供特有の反応で、「見て見て、この子たち裸んぼなんだよ」と嬉しそうに教えてくれましたが、いつの間にかそれぞれ水着のシールが貼られていました。授業で貼ったようです。多分その授業でも、Private Partは人に見せてはいけない、ということを教えたのだと思います。


まだ子供たちは実際の「性」に興味があるでもなく、「恥ずかしい」の気持ちは分かって来ていても、「いやらしい」とかいう感覚はまだ未発達かな?という今だからこそ、とても良いタイミングのように思いました。
授業そのものは見ていませんが資料から見る限り、とてもシンプルに子供にメッセージを伝えていて、分かりやすい授業だと思いました。

日本の生活とか道徳の授業にもこういうトピックはあるのかしら?
これは是非やるべき、と思いました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 5歳クラス 〜配布絵本〜

2016/01/01 14:29
1年前に一部公開していた記事ですが、加筆して再掲載します。

例年通り、今年5歳クラス(日本の年長さん)でも、Jr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
我が家は相変わらず、なかなか自分達で絵本を買わないのでよい取り組みだと思います
が、いい加減自分たちで本を買えって気もしてます

英語絵本
日本でも「おさるのジョージ」で有名なこざるのお話。20ページ程のペーパーバックを、6冊もらいました。絵は大きくはっきりしていて文章も多すぎず少なすぎず。今回のはシリーズ名が無い?よく分りませんが、去年のBPSシリーズよりも少し対象年齢が高い体裁で、今年も年齢に合った良い絵本だと思います。
Jr.は去年の物を含めジョージのシリーズは気に入っているみたいで、よくリクエストしています。英語なので基本的にマイケルが読みますが、私が適当に訳して日本語で読むこともあります。
去年も書きましたが、以前から持っている日本語の昔からあるオリジナルバージョンひとまねこざる等)は文章が多すぎて未だに一度に全部は読み切れません。今くらいの年齢だと、幼稚園から貰ったものの方がレベルが合っていると思います。

広東語絵本
例年と同じシリーズの5歳クラス版。1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ15冊中の9冊(多分)。教会出版の絵本ですが、普通の道徳の絵本って感じかな。
実は今年の分は私あまり見ていない気がします、、。マイケルはたまに読んでいたと思います。


以下2冊は、多分無料お試しとして1冊ずつ配られたもの。学年初めに、購読案内と一緒にもらいましたが、注文しませんでした。シリーズで家に無いからか、その存在がJr.の中に定着していないらしく、あまり選んでもらえてません

広東語
30ページ弱の幼児向け月刊雑誌らしく、短いお話が幾つか、季節的なトピック、間違い探しや切り取り付録などが付いていました。

英語
リンクは表紙デザインが代わってますが、これと同じシリーズです。50ページの幼児向け月刊雑誌。Story, Animals, Science, Gamesとの宣伝文句の通り、色んな要素が入っていました。上の広東語よりこちらの英語雑誌の方がより私には面白そうに見えました。上の広東語と香港では同じ出版社だけど、元はフランスの会社で、Jr.がもらったのはイギリス出版みたいです。


毎晩寝る前に2冊程読む習慣は今も続いていて、相変わらずJr.は絵本好きの子でいてくれています
ただ、今年は幼稚園の時間帯が午前から午後に変更になったこともあり、さすがにお昼寝はしなくなってしまったので、今まで昼寝前に読んでいた分の読書量は残念ながら減ったとも言えます。その代わり?最近Jr.はトイレで時間がかかる方をするときは、本を持って来て!と要求します。その空間に付き合うのは空気的に勘弁なので読み聞かせはほとんどせず、絵本を渡して自分で読ませています。まあ読むと言っても文字を追っている様子は皆無なので、絵を見ているというのが正しいかと思いますがそれでもなぜか、絵本は「日本語と英語と広東語」と言うように、言語別に選んで持ってくるように要求するのが不思議です。(自分で選べばいいのになぜかいつも私に選ばせます、、切羽詰まってるから?

なかなか自分で文字を読むまでには至りませんが、本好きで有り続けていてくれることは嬉しいです。
どうかこのままでありますように!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 4歳クラス 〜配布絵本〜

2015/01/08 16:29
今年4歳クラス(日本の年中さん)でも、去年に続きJr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
我が家は相変わらず、なかなか自分達で絵本を買わないのでよい取り組みだと思います

英語絵本
Curious George adventures
BPS Kids
Curious George
画像   画像
Amazon Japan)
日本でも「おさるのジョージ」で有名なこざるのお話。20ページ程のペーパーバック。絵は大きくはっきりしていて文章も多すぎず少なすぎず、この位の年齢に調度良い絵本だと思います。8冊もらいましたが、微妙に体裁が違っていて、いくつかはめくって下の絵を発見したりする仕掛け絵本(右写真上)になってました。
PBSってのはアメリカの放送局で、どうやらそこで放送したアニメを本にした物みたいです。よくわからないけれどCurious George adventuresってシリーズなのかな?シリーズっぽいのに一覧になってるHPとかなくてやりにくいな、、と思ったら、Amazon Japanでそれっぽく出せました。
これはけっこう気に入っているみたいで、よくリクエストしています。英語なので基本的にマイケルが読みますが、私が適当に訳して日本語で読むこともあります。
以前から日本語でジョージの話を3冊持っているので、私が読む時は日本語の本に変えたりもします。ちなにみ持っている日本語の本(昔からあるオリジナルバージョンのひとまねこざる等)は文章が多すぎて一度に全部は読み切れません。今見たら日本語でもJr.がもらったのに似た翻訳本が出ていますね。今くらいの年齢だと、そちらの方が良いかもです。

広東語絵本
去年と同じシリーズの4歳クラス版。1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ15冊中の10冊。教会出版の絵本ですが、今年の分は更に宗教色は薄かった気がします。普通の道徳の絵本って感じかな。自分がもらった新しいプレゼントを快く、しかもかなりあっさり恵まれない子にあげよう!って展開になる話は出来過ぎた子だな!とは思いますが
私(非クリスチャン)が読む時は絵に沿って漢字を見つつ適当にお話してます。マイケル(一応クリスチャン)が読む時は、もうちょっとちゃんと読んでるみたいです。

(※他2冊定期購読雑誌を載せていましたが、次学年の間違いだったので移動させました)


これらの絵本および教科書等は今までの学年も全部合わせて、Jr.の絵本棚に並んでいるので、夜寝る前の絵本タイムに、時々読んでいます。私がリクエストされたら適当に日本語に訳して。マイケルが読む時は元の言語で。
去年と同じく毎日寝る前に1-2冊ってとこでしょうか。寝る前に本を読む習慣は定着しています。昼寝でも読むので(未だに基本毎日昼寝します)合計すると1日3-4冊は読んでいることになりますね。長い本ははしょって読みますが。

今後とも本好きの子でいてくれますように
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 3歳クラス 〜配布絵本〜

2014/02/12 23:42
今年はJr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
今学年からの制度なのか、今年からの試みなのかは謎ですが、我が家はなかなか自分達で絵本を買わないので よい取り組みだと思いました

英語絵本
Oxford Story Treeというシリーズの、7段階の内の下から2番目のレベルの物のようです。シリーズ8作中の6冊を選んで?配布されました。
1ページに1・2文の短い文章で16ページと短いお話です。個人的には、オチに納得できるのとできないのと半々ってとこでしょうか。
絶版したのか?という位に、本家の情報が得られず、、。Reading Treeというシリーズはやたら発見できるのですが。商品リンクはちょっと違いますが、リンク先のセットの中の、絵本だけです。

もひとつ英語絵本
Collins Big Cat Phonicsというシリーズの中の、色々なレベルがある中でRedA/Band2AとRedB/Band2Bから1冊ずつ。
1ページにつき1-2文で15ページ。ストーリー性があって、上記のOxford Story Treeシリーズよりもこちらの方が私は好きです。

広東語絵本
1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ12冊中の8冊(もしかしたら他にも家のどっかにまぎれてるかも)。教会出版の絵本なので、ちょっとキリスト教系。でもそんなに宗教色は強くない気がします。「天主〜(キリストさまが)」みたいなのは出てきますが。普通の教育的生活のしつけに使えそうな絵本って感じかな。
私(非クリスチャン)が読む時は絵に沿って漢字を見つつ適当にお話してます。マイケル(一応クリスチャン)が読む時は、もうちょっとちゃんと読んでるみたいです。


これらの絵本は、Jr.の絵本棚に並んでいるので、夜寝る前の絵本タイムに、時々読んでいます。私がリクエストされたら適当に日本語に訳して。マイケルが読む時は元の言語で。

Jr.には本好きな子になって欲しいと思っていますが、かといってそのために凄く努力して絵本の時間を多くとったりはしてません
毎日寝る前の1-2冊+αってとこでしょうか。今の所本は嫌いではないですが、このペースでどうなっていくのか、楽しみです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広東語絵本 幼兒圖典(こども辞典?)

2011/09/03 12:01
最近Jr.はすごいお気に入りの絵本があります。
幼兒圖典
幼uカ化事業股份有限公司

名前の通り子供向けの辞書です。物の名前や動作など、子供の世界に登場しそうな簡単な単語が絵で紹介されていて、英語、漢字、漢語ピン音が添えられています。

香港の地元本屋さんで間違った買い物をしてしまい、返金はできないけど換品はOKということで子供の絵本を買うことにしたのですが、学習系の本しか置いてなくて、どうしようどうしよう何買おう、、と追いつめられた末に発見した絵本です。
題名は幼児辞典ということで、えええ?幼児向け辞書!?と驚きの商品でしたが、絵が可愛いのが気に入りました。色んな物が載ってるし、英語も漢字もあるから意外とゆくゆく使えたりするのかなーと思ったりして。

画像

画像

さっそくJr.に見せてみると、なんと意外な程に気に入ってくれました
ちょうどワンワ(犬)と言うのがブームだったこともあり、ひたすら犬のページを探しては見つけて喜んでいます。さらに、まだ言えないけどなんとなく知ってる物とかをよく指差して何かを訴えてきたり。犬と同じページにある泣き顔とかまねしてみたり。「ごめんなさい」の動作を真似してみたり。。。と次から次へと絵を見て楽しんでいます

Jr.は「ごめんなさい」は多分分かってるけど意地っ張りすぎてまだ言えないのですが、、これ見て学習しつつあるのかなぁと期待してます。あと「おはよう」「こんちには」とかあいさつもできないのですが、お辞儀の絵を見せて何度もするうちに、たまにまねしてくれるようになりました!

結構役立つ子供向け辞書!?とか半分バカにしてました。。ごめんなさい実際学習効果ありそうです。
ちょうど言えるようになる単語が増える時期でもあったので、言えるようになったものの絵を見て何度も言うと、言葉の定着が早い気がします。

ちなみに良く見たら台湾発行の本だったので、漢字は正確には広東語ではないみたいです。でもマイケル曰く、台湾の中国語は普通語(北京語)から来てるけど使う漢字は広東語と同じく旧漢字だから広東語と同じ物が多い、だそう。なので実際広東語辞書としては使えないけど、子供が遊ぶ分にはまあいいか、という品物です

私は北京語は全く知りませんが、ピン音覚えれば読めるようになるかしら、と一瞬思ったのですが、さらっと本を眺めるだけでは全く法則が見えてこない、、
今調べてみると、漢語ピン音こんなに複雑でした(Wikiより)。記号多すぎ!こりゃ無理だ

なんとなく買った本ですが、Jr.も気に入ってくれたし、言葉や動作を覚えるのに一役買ってくれそうなので、大当たりでした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「広東語 絵本」ブログ

お気に入り

マイケルJr. 育成中 広東語 絵本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる