アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「英語 絵本」のブログ記事

みんなの「英語 絵本」ブログ


香港の小学校 1年生のテキスト 〜英語〜

2016/06/17 23:46
Jr.の学校は最終学期の期末試験も終わり、6月末で学年末です。
あっという間に小学校1年生が終わろうとしています。早いものです

幼稚園に比べて格段に教科書の数が増えたので、もうブログにまとめるの面倒だし需要も無いだろうし辞めようかとも思ったのですが、せめて小学校の1年目だけでも、自分用メモとして残すことにします。

ちなみにほとんどの教科書・ワークは学校配布ではなく、学校を通して書店に購入申し込みをし、後日書店に取りに行くという方式。リストは全部で50冊 ものすごく重いから覚悟して来い、もしくは分けて持って帰ってもいい、との注釈付 (実際は1冊ずつが薄かったのでどうにか(マイケルが)一気に持って帰れましたが、なかなかの重量でした)

Jr.の学校には個人ロッカーがあり、教科書等はロッカーに保管して良いことになっています。なので、基本的に使用期間中は学校に置きっぱなしで、宿題に出た物だけを持って帰って来ていました。
ただ、1年生に入学したての頃は、宿題の指示をきちんと理解していないのか、本の区別ができないのか、、宿題なのに持って帰ってこなかったり、教科書見ないとテスト範囲が分からないのに持って帰ってこなかったり、学校に有るはずなのに無い(紛失)と言い張ったり、、等々。日々の荷物の重量が軽減されるのは良いのですが、宿題をするにはちょっと不便でした。後半になるとこちらも学習して、必要な教科の教科書は全ページiPadで写真を撮っておくという作戦を実行することにしました。それと、今日はXX持って帰って来て、という指示がJr.に通るようになったのでなんとか。


まずは、英語の教科書&ワーク達。

ちなみに以前も書きましたが(詳しくはこちら)、Jr.の通う学校は私立のローカル校です。そこまでハイレベルではないけど、まあ私立として名前くらいは知ってる人が多い、という学校。
なので使用している教科書も、香港の標準的なレベルのものだと思われますが、学校言語は英語なので、中国語ベースの学校よりは英語教科のレベルは高いのかも。(他の学校事情はまったく知りませんが

今年の英語は、ぱっと思いだせる範囲でこんな感じでした。
・複数形名詞
・Be動詞の現在活用(1人称、2人称、3人称)
・Be動詞の省略形(I'm, You're, aren't, He's, isn't 等)
・一般動詞の現在活用(1人称、2人称、3人称)
・現在進行形
・前置詞(in, on, under 等)
・代名詞(They, It, He 等)
・所有代名詞(mine, yours, his, their 等)


メインの教科書は2種類

英語科目の教材だけは、イギリス出版の物を選択したようで、他の科目(香港出版)の英語と違って、安心して読めるきちんとした英語だそうで、特にメインの文法の教科書は良いとのこと(マイケル談)。

最初こそアルファベット表から始まるけれど、あっという間に英語の文法の教科書!って感じになる。私の時代にもあったような、ちょっと可愛げに欠けるというか昔風というか、外国出版の英語の教科書ってこんなだったよなという感じ。付属のCDは音声ディスクではなく、パソコンで起動させる文法練習プログラムで、面倒で全く活用しませんでした。
もう一つのメイン教科書、Longmanより字が細かくて、同じ学年の物とは思えないくらい上級に見えますが、こちらは文法に特化した教科書、という位置づけだったみたい。練習問題もたくさん載っていて、定期的に宿題として出されていました。

もう一つのメインは教科書は小学1年生から6年生まで、副教材やらなんやら充実のPrimary Longman Electというシリーズから、主教科書、ワーク、リスニングワーク(CD付き)、フォニックス(CD付き)が選ばれた模様。

Primary Longman Elect(HK)(UK
Pearson Education Limited (PRIMARY LONGMAN ELECTS) (HK)(UK
画像画像
1A・1Bの2冊。子供向けに大柄の絵で字も大きめの教科書。

Primary Longman Elect Workbook (HK)(UK
Pearson Education Limited (PRIMARY LONGMAN ELECTS) (HK)(UK
画像画像
同シリーズ教科書に連動し1A・1Bの2冊。教科書と同じく子供向けに大柄の絵で字も大きめなので、ドリルとしても記入欄が少なく簡単。これは主に宿題として出題されました。

Primary Longman Elect Listening Book (HK)(UK
Pearson Education Limited (PRIMARY LONGMAN ELECTS) (HK)(UK
画像画像
同シリーズ教科書に連動し1A・1Bの2冊。教科書と同じく子供向けに大柄の絵で字も大きめ。ドリル形式になっていて、授業中に使用したみたいです。別売りのCDも教科書購入リストにあったので買いましたが、一切使用せず。

Primary Longman Elect Mimi Phonics Lesson Book (HK)(UK
Pearson Education Limited (PRIMARY LONGMAN ELECTS) (HK)(UK
画像画像
学年で1冊、CD付。アルファベットを書く練習欄がありますが、ずっと学校に置きっぱなしだったので、どの程度活用したのか不明。

ワークブック
レベル1-12のうちの1・2の2冊。1はA-Zで始まる単語の書きとり、2はA-Zで始まる単語を含む文章の書きとり。見本通り書くだけなので幼稚園時代に出ていた宿題と同じレベルで簡単。たまに4-5ページ一気に宿題になっていました。

これ以外に学校作成のドリルが1冊ありました。教科書のトピック毎に4-5ページのまとめ問題集といった感じになっていて、程良いレベルでテスト対策的な問題構成になっていました。


以下の英語の絵本たちは購入教科書リストにあったので言われるがままに購入したのですが、は学校から一切指示が無く、授業関連で使用されることはありませんでした。絵本としてはJr.にちょうど良いレベルだったので、寝る前の絵本タイムで活用されています。

The Greedy King ・ Jolly Hungry Jack ・ Two Baby Elephants
Pearson Education Limited (Ginn)
画像
画像画像
(Amazon Japan  Greedy King Jolly Hungry Jack Two Baby Elephants
イギリスの出版社のLIGHTHOUSEシリーズのOrangeレベル3・4・8冊目。ペーパーブックの薄い絵本。なぜこれが教材として選ばれているのかは謎。

PENGUIN KIDSシリーズのLEVEL2の中の1冊。サイトから朗読MP3ファイルがダウンロード出来る。感情たっぷりこめた朗読なので、これを子供に聞かせるのはありかも。

Phonics BugというブランドシリーズのPHONICS Phase 5のSet21から1冊。なぜこの1冊だけなのかは謎。


以上が英語の教材として学校から指定されたリストでした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 5歳クラス 〜配布絵本〜

2016/01/01 14:29
1年前に一部公開していた記事ですが、加筆して再掲載します。

例年通り、今年5歳クラス(日本の年長さん)でも、Jr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
我が家は相変わらず、なかなか自分達で絵本を買わないのでよい取り組みだと思います
が、いい加減自分たちで本を買えって気もしてます

英語絵本
日本でも「おさるのジョージ」で有名なこざるのお話。20ページ程のペーパーバックを、6冊もらいました。絵は大きくはっきりしていて文章も多すぎず少なすぎず。今回のはシリーズ名が無い?よく分りませんが、去年のBPSシリーズよりも少し対象年齢が高い体裁で、今年も年齢に合った良い絵本だと思います。
Jr.は去年の物を含めジョージのシリーズは気に入っているみたいで、よくリクエストしています。英語なので基本的にマイケルが読みますが、私が適当に訳して日本語で読むこともあります。
去年も書きましたが、以前から持っている日本語の昔からあるオリジナルバージョンひとまねこざる等)は文章が多すぎて未だに一度に全部は読み切れません。今くらいの年齢だと、幼稚園から貰ったものの方がレベルが合っていると思います。

広東語絵本
例年と同じシリーズの5歳クラス版。1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ15冊中の9冊(多分)。教会出版の絵本ですが、普通の道徳の絵本って感じかな。
実は今年の分は私あまり見ていない気がします、、。マイケルはたまに読んでいたと思います。


以下2冊は、多分無料お試しとして1冊ずつ配られたもの。学年初めに、購読案内と一緒にもらいましたが、注文しませんでした。シリーズで家に無いからか、その存在がJr.の中に定着していないらしく、あまり選んでもらえてません

広東語
30ページ弱の幼児向け月刊雑誌らしく、短いお話が幾つか、季節的なトピック、間違い探しや切り取り付録などが付いていました。

英語
リンクは表紙デザインが代わってますが、これと同じシリーズです。50ページの幼児向け月刊雑誌。Story, Animals, Science, Gamesとの宣伝文句の通り、色んな要素が入っていました。上の広東語よりこちらの英語雑誌の方がより私には面白そうに見えました。上の広東語と香港では同じ出版社だけど、元はフランスの会社で、Jr.がもらったのはイギリス出版みたいです。


毎晩寝る前に2冊程読む習慣は今も続いていて、相変わらずJr.は絵本好きの子でいてくれています
ただ、今年は幼稚園の時間帯が午前から午後に変更になったこともあり、さすがにお昼寝はしなくなってしまったので、今まで昼寝前に読んでいた分の読書量は残念ながら減ったとも言えます。その代わり?最近Jr.はトイレで時間がかかる方をするときは、本を持って来て!と要求します。その空間に付き合うのは空気的に勘弁なので読み聞かせはほとんどせず、絵本を渡して自分で読ませています。まあ読むと言っても文字を追っている様子は皆無なので、絵を見ているというのが正しいかと思いますがそれでもなぜか、絵本は「日本語と英語と広東語」と言うように、言語別に選んで持ってくるように要求するのが不思議です。(自分で選べばいいのになぜかいつも私に選ばせます、、切羽詰まってるから?

なかなか自分で文字を読むまでには至りませんが、本好きで有り続けていてくれることは嬉しいです。
どうかこのままでありますように!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 4歳クラス 〜配布絵本〜

2015/01/08 16:29
今年4歳クラス(日本の年中さん)でも、去年に続きJr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
我が家は相変わらず、なかなか自分達で絵本を買わないのでよい取り組みだと思います

英語絵本
Curious George adventures
BPS Kids
Curious George
画像   画像
Amazon Japan)
日本でも「おさるのジョージ」で有名なこざるのお話。20ページ程のペーパーバック。絵は大きくはっきりしていて文章も多すぎず少なすぎず、この位の年齢に調度良い絵本だと思います。8冊もらいましたが、微妙に体裁が違っていて、いくつかはめくって下の絵を発見したりする仕掛け絵本(右写真上)になってました。
PBSってのはアメリカの放送局で、どうやらそこで放送したアニメを本にした物みたいです。よくわからないけれどCurious George adventuresってシリーズなのかな?シリーズっぽいのに一覧になってるHPとかなくてやりにくいな、、と思ったら、Amazon Japanでそれっぽく出せました。
これはけっこう気に入っているみたいで、よくリクエストしています。英語なので基本的にマイケルが読みますが、私が適当に訳して日本語で読むこともあります。
以前から日本語でジョージの話を3冊持っているので、私が読む時は日本語の本に変えたりもします。ちなにみ持っている日本語の本(昔からあるオリジナルバージョンのひとまねこざる等)は文章が多すぎて一度に全部は読み切れません。今見たら日本語でもJr.がもらったのに似た翻訳本が出ていますね。今くらいの年齢だと、そちらの方が良いかもです。

広東語絵本
去年と同じシリーズの4歳クラス版。1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ15冊中の10冊。教会出版の絵本ですが、今年の分は更に宗教色は薄かった気がします。普通の道徳の絵本って感じかな。自分がもらった新しいプレゼントを快く、しかもかなりあっさり恵まれない子にあげよう!って展開になる話は出来過ぎた子だな!とは思いますが
私(非クリスチャン)が読む時は絵に沿って漢字を見つつ適当にお話してます。マイケル(一応クリスチャン)が読む時は、もうちょっとちゃんと読んでるみたいです。

(※他2冊定期購読雑誌を載せていましたが、次学年の間違いだったので移動させました)


これらの絵本および教科書等は今までの学年も全部合わせて、Jr.の絵本棚に並んでいるので、夜寝る前の絵本タイムに、時々読んでいます。私がリクエストされたら適当に日本語に訳して。マイケルが読む時は元の言語で。
去年と同じく毎日寝る前に1-2冊ってとこでしょうか。寝る前に本を読む習慣は定着しています。昼寝でも読むので(未だに基本毎日昼寝します)合計すると1日3-4冊は読んでいることになりますね。長い本ははしょって読みますが。

今後とも本好きの子でいてくれますように
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港の幼稚園教育 3歳クラス 〜配布絵本〜

2014/02/12 23:42
今年はJr.の幼稚園からいくつか絵本が配布されました。
今学年からの制度なのか、今年からの試みなのかは謎ですが、我が家はなかなか自分達で絵本を買わないので よい取り組みだと思いました

英語絵本
Oxford Story Treeというシリーズの、7段階の内の下から2番目のレベルの物のようです。シリーズ8作中の6冊を選んで?配布されました。
1ページに1・2文の短い文章で16ページと短いお話です。個人的には、オチに納得できるのとできないのと半々ってとこでしょうか。
絶版したのか?という位に、本家の情報が得られず、、。Reading Treeというシリーズはやたら発見できるのですが。商品リンクはちょっと違いますが、リンク先のセットの中の、絵本だけです。

もひとつ英語絵本
Collins Big Cat Phonicsというシリーズの中の、色々なレベルがある中でRedA/Band2AとRedB/Band2Bから1冊ずつ。
1ページにつき1-2文で15ページ。ストーリー性があって、上記のOxford Story Treeシリーズよりもこちらの方が私は好きです。

広東語絵本
1ページ1・2文で8ページの短い絵本。シリーズ12冊中の8冊(もしかしたら他にも家のどっかにまぎれてるかも)。教会出版の絵本なので、ちょっとキリスト教系。でもそんなに宗教色は強くない気がします。「天主〜(キリストさまが)」みたいなのは出てきますが。普通の教育的生活のしつけに使えそうな絵本って感じかな。
私(非クリスチャン)が読む時は絵に沿って漢字を見つつ適当にお話してます。マイケル(一応クリスチャン)が読む時は、もうちょっとちゃんと読んでるみたいです。


これらの絵本は、Jr.の絵本棚に並んでいるので、夜寝る前の絵本タイムに、時々読んでいます。私がリクエストされたら適当に日本語に訳して。マイケルが読む時は元の言語で。

Jr.には本好きな子になって欲しいと思っていますが、かといってそのために凄く努力して絵本の時間を多くとったりはしてません
毎日寝る前の1-2冊+αってとこでしょうか。今の所本は嫌いではないですが、このペースでどうなっていくのか、楽しみです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広東語絵本 幼兒圖典(こども辞典?)

2011/09/03 12:01
最近Jr.はすごいお気に入りの絵本があります。
幼兒圖典
幼uカ化事業股份有限公司

名前の通り子供向けの辞書です。物の名前や動作など、子供の世界に登場しそうな簡単な単語が絵で紹介されていて、英語、漢字、漢語ピン音が添えられています。

香港の地元本屋さんで間違った買い物をしてしまい、返金はできないけど換品はOKということで子供の絵本を買うことにしたのですが、学習系の本しか置いてなくて、どうしようどうしよう何買おう、、と追いつめられた末に発見した絵本です。
題名は幼児辞典ということで、えええ?幼児向け辞書!?と驚きの商品でしたが、絵が可愛いのが気に入りました。色んな物が載ってるし、英語も漢字もあるから意外とゆくゆく使えたりするのかなーと思ったりして。

画像

画像

さっそくJr.に見せてみると、なんと意外な程に気に入ってくれました
ちょうどワンワ(犬)と言うのがブームだったこともあり、ひたすら犬のページを探しては見つけて喜んでいます。さらに、まだ言えないけどなんとなく知ってる物とかをよく指差して何かを訴えてきたり。犬と同じページにある泣き顔とかまねしてみたり。「ごめんなさい」の動作を真似してみたり。。。と次から次へと絵を見て楽しんでいます

Jr.は「ごめんなさい」は多分分かってるけど意地っ張りすぎてまだ言えないのですが、、これ見て学習しつつあるのかなぁと期待してます。あと「おはよう」「こんちには」とかあいさつもできないのですが、お辞儀の絵を見せて何度もするうちに、たまにまねしてくれるようになりました!

結構役立つ子供向け辞書!?とか半分バカにしてました。。ごめんなさい実際学習効果ありそうです。
ちょうど言えるようになる単語が増える時期でもあったので、言えるようになったものの絵を見て何度も言うと、言葉の定着が早い気がします。

ちなみに良く見たら台湾発行の本だったので、漢字は正確には広東語ではないみたいです。でもマイケル曰く、台湾の中国語は普通語(北京語)から来てるけど使う漢字は広東語と同じく旧漢字だから広東語と同じ物が多い、だそう。なので実際広東語辞書としては使えないけど、子供が遊ぶ分にはまあいいか、という品物です

私は北京語は全く知りませんが、ピン音覚えれば読めるようになるかしら、と一瞬思ったのですが、さらっと本を眺めるだけでは全く法則が見えてこない、、
今調べてみると、漢語ピン音こんなに複雑でした(Wikiより)。記号多すぎ!こりゃ無理だ

なんとなく買った本ですが、Jr.も気に入ってくれたし、言葉や動作を覚えるのに一役買ってくれそうなので、大当たりでした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


touch and learn sounds

2011/07/17 23:05
Jr.が「ワンワ(犬)」と発語するきっかけになった絵本がこちら。
touch and learn sounds
MARKS & SPENCER
 

touch&learnということで、絵本上部に飛び出した円形の所の絵の真ん中には、色んな素材が貼り付けてあります。でも4か所しかそういうところが無いのでタイトルにするほど大げさな作りでもないです。ページ毎に動物の鳴き声だったり、乗り物の音だったり、音と絵と名前が書いてあります。

姉妹品?もあるので一応ご紹介。
touch and learn words
MARKS & SPENCER
 

こちらも同じく4か所素材が貼り付けてあります。wordsという題名なので?絵と単語しか書いてません。なんだかsoundsの本より単純な感じです。

マイケル両親のお家にある本で、MARKS & SPENCER(Asia Pasific)の発刊みたいですが、ネット販売は見当たりませんでした。多分マイケル両親が香港のM&Sで購入したと思われます。
多分Jr.が初めて香港に遊びに来た11か月の頃からあったと思いますが、興味を示し出したのは最近です。よく手に取って持ってきますが、特に素材の所を触るでもなく、かといって中身を興味シンシンにみるでもなく、なんで持ってくるのかよくわからない程度の興味ですが、、。

とはいえこの本を読んでいる時に「ワンワ(犬)」と言ったので、Jr.なりにはちゃんと中身を見ていたということでしょう

Jr.にとって絵本はページをめくって遊ぶものと思っているのではないかとすら感じてましたが、最近はちゃんと中身も見てるんだなあと成長を感じました。たとえ反応が薄くても、これからもがんばって絵本を読んでいきたいと思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Search & Find - Moo, Quack, Roar and More!

2011/06/25 16:52
1年前くらいに香港のバーゲンで買ったもの。
1歳年上の従兄にいいかなーと思ってついでに買ったのですが、当時従兄にも難しすぎたのか、あまり興味を示してもらえず、マイケル両親のお家に置きっぱなしでした。
最近Jr.が興味を示し出したのでご紹介。


色々な動物が描かれていて英語スペルが添えられています。見開き1ページの両サイドに動物が並べられていて、同じ動物を真ん中の絵から探しながら遊ぶ絵本です。ページ毎に「森の動物」とか「海の動物」という感じにテーマが設定されています。
(日本の通販は発見できなかったのでリンクは出版元です。)

なかなか可愛い絵で私自身は気に入っています動物の数が多いので、私の英語力ではなんの動物か微妙に分からないものもあって、適当にそれっぽい日本語で言ってしまっていますが、、きちんと英語と対比させるためには一度ちゃんと辞書を引いた方がよさそうですね

Jr.はA4強のサイズでちょっと重くてめくりにくかったから今まで敬遠してたのでしょうか?それとも絵が多すぎて何がなんだかわかってなかったか?
最近になってJr.はようやくこの本に興味を示し出しました。時々これを持って来て、適当に指差しをしたりします。が、まだどれが何かとかは全く分かってなさそうです

でもJr.は今まで本の指差しはあまりしない子だったので、それだけでも大きな進化。
これからどんどん絵と単語が一致して、言葉を覚えてくれたらいいなと思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コロちゃんはどこ? Spot Stays Overnight

2011/05/12 01:18
Jr.がお気に入りの日本語の絵本の原作がアメリカでシリーズものだったので、英語版でもう一つ買ってあげたら喜ぶかなーと思って1冊買ってきました。

まず日本語で持っていたのはこちら

コロちゃんはどこ?
評論社
エリック・ヒル


お母さん犬が子犬のコロちゃんを探すというストーリーに沿って、ドアやタンスなどをめくって遊ぶ仕掛け絵本です。仕掛けをめくると色々な動物が隠れています。

Jr.はとにかくめくるのが好き。本自体はボードブックで丈夫ですが、めくる部分はやや厚いとはいえ普通の紙なので、すぐに「べりっ」と破れます。私は長持ちさせたかったので、いくつか切れ目を入れられた時点で全頁補強テープを張り、完全ガードしましたその甲斐あって後は1年以上特にさらなる破損はないです


そして今回買ってきた英語版はこちら

Spot Stays Overnight
Warne
Eric Hill


まずお店で衝撃だったのが、「コロちゃん」て”Spot”だったのかということ。確かに英語名で「コロ」はないだろうけどこれは私の想像を超えていました。よくまあ「コロちゃん」というかわいくて音ざわりのよい名前を思いついたものだと翻訳者さんを尊敬
ちなみに良く見たら「コロちゃんはどこ?」の本にも原題は”Where's Spot?”って書いてありました

ストーリーは子犬のSpotがお猿のSteveの家にお泊りに行く。というもの。準備して、一日遊んで、寝て、帰るまでのコロちゃんの行動をずっと追っていきます。これも同じくページの一部をめくれる仕掛け絵本で、絵と台詞が隠れています。

これまたどうでもいいポイントですが、主人公は(水玉模様だから?)Spotなのにお猿がSteveってずいぶんかしこまった名前だなと思ったら、日本語翻訳版コロちゃんのおとまりではモンタくんだそうです。これまたお猿らしい?子供らしい名前になったものです。

家に帰ってじっくり読んだ感想は、日本語の1冊目より全体のクオリティが低いかな、ということ一貫してコロちゃんを捜し続けた1冊目に比べると、今回のストーリーは場面展開がなんだかスムーズではない気がしました。めくるものありきと言うか、、。
単に1冊目よりも文字や台詞が多くて難易度が上がったということもありますが、隠れているのが絵よりも台詞がメインということで、あまり小さな子供向けではない気がします。
(だから日本ではボードブック版が出てないのでは、、このストーリーはペーパーバックのみのようです)

めくり好きのJr.はまだストーリーをちゃんと追えないので、ちょっと高度すぎたかもしれませんっていうか、お店に見本が出てたのにちゃんと見なかったのが悪いのですが
マイケルと一緒に地元の英語絵本屋さんに日本語の本を持って行って、このシリーズありますか?って店員さんに聞いたら、ありますよって言われて二人でテンションが上がって、1種類しかなかったこれを良く吟味せずに買ってきてしまいました。。

Jr.がストーリーを追えるように成長するまで気長に読み聞かせたいと思います。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


Usborne very first a*b*c

2011/05/11 23:43
これもマイケル両親のお家にある本ですが。
最近のJr.のお気に入りのひとつです。

Usborne Very First ABC
Usborne Pub Ltd


とってもありがちなABC絵本。アルファベット一文字に対してそれから始まる単語の絵とスペルが書いてあります。裏表紙はa-zのアルファベット表になっています。

どうでもいいけど個人的に気になるは、qがアヒルの絵と吹き出しで”quack”なこと。なんでこれだけ擬音語なのQから始まる普通の単語ありそうなものなのにね、、まあこういう種類の言葉もあるってことでいいですけど

Jr.はページをぱらぱらめくって、というか速攻でめくりきり、最後のアルファベット表で、文字を指差しながらABCの歌を歌う(私に歌わせる)のが好きです。手抜きで私が一人で指差しすると不満そうに、Jr.の指を使えと指示してきます
日本語担当の私としては、ABCを歌ってばかりでアルファベットを先に覚えられたら癪なんですが、、

ABCに対抗すべく、「あいうえおの歌」ってないのかしらと思って調べたら、なんだか色々あるみたいですね。唄というよりも詩な感じのものが多いですが。
著作権問題に疎いので歌詞は載せませんが、気になる方は検索してみてください。

北原白秋の「あいうえおの歌(五十音)」は詩?そのものは知ってましたが題名を知りませんでした。てっきり演劇業界?で昔々誰かが練習用に作ったものだと思ってました
デュークエイセスの「あいうえお覚え歌」はかなり無理矢理な感じがしますがその頑張りが面白かったです。
そのほかにも国語の教科書に載っていそうな詩はたくさんあるみたいです。

そんな感じで探し物に相当する詩はたくさん見つかりましたが、どうにも「ABCの歌」程気軽に歌う感じではなかったのが残念です

そこでじゃあせめて?あいうえおの絵本でいいのないかなと調べたら、こんなのが欲しくなりました。これ以外にも色々ありそうで迷いますね。日本に帰った時に本屋さんでじっくり選びたいと思います


あいうえおのえほん
金の星社
よこた きよし


あいうえお えほん
戸田デザイン研究室
とだ こうしろう


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Baby Faces Peekaboo!

2011/05/08 12:38
香港のマイケル両親のお家にある本ですが、Jr.がやたら気に入っているのでご紹介。



全頁が3面開きになっていて、それぞれ”Happy", "Grumpy", "Funny", "Sleepy"な赤ちゃんたちの顔が隠れているのを「いないいないばあ」形式に開いて遊ぶ絵本です。最後のページには鏡が付いています。

Jr.は最近これがお気に入りで、よくこの本を持って来て読んで?というかページをめくれとせがんできます。文章も載ってますが、ページをパタパタするのがメインなJr.は読んでも全く聞いてません
さらになぜか、最後の鏡にブチューーーっとチュウしまくるのが流行りです。そんなに自分が好きなのか!?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
Buggy Buddies: Puppy
Buggy Buddies: Puppy これまた頂き物。 って、、我が家の英語物は殆ど頂き物ですね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/26 15:26
That's not my puppy...
That's not my puppy... シドニーでいとこからお下がりをいくつかもらってきました。 こちらの絵本もその一つ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/18 16:07
My First COLORS
My First COLORS 三度香港のセール品。 (同じく日本では販売されていないようでリンクはUSアマゾンです。参考までに。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 21:42
baby's first food
baby's first food 再び香港でのセール品。 (日本では販売してないようで、リンクはUSアマゾンです。参考までに。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 12:03
My BIG Lift'n' Look ABC
My BIG Lift'n' Look ABC 香港のデパートで売れ残りセールになってたので衝動買いしました。 日本では販売されていないようですので、リンクはUSアマゾンです。参考までに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 22:36
THE VERY HUNGRY CATERPILLAR -はらぺこあおむし-
THE VERY HUNGRY CATERPILLAR -はらぺこあおむし- 同じく国際結婚の友人から頂きました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/22 15:02
Goodnight Moon
Goodnight Moon こちらもアメリカ人ハーフの友人からの頂き物。 彼女いわく、(アメリカの?)子供は皆このストーリーがすっごい好き今となってはなんでかわからないけど自分も大好きだった。だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 19:48
On the Night You Were Born
On the Night You Were Born 三度Jr.の出生祝いに日本語版を頂いたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/11 18:47
Life Story
Life Story こちらもJr.の出生祝いに日本語版を頂いたもの。Little Houseと共に英語版を購入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/10 19:28
The Little House
The Little House Jr.の出生祝いに日本語版を頂いたのですが、とてもよいお話だったので英語版を購入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/09/08 23:20
うしのモ〜ちゃん
うしのモ〜ちゃん Jr.が初めてもらった英語おもちゃがこちら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/03 19:09
Hello, Baby!
Hello, Baby! Jr.が初めてもらった英語絵本はこちら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 23:23

トップへ | みんなの「英語 絵本」ブログ

お気に入り

マイケルJr. 育成中 英語 絵本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる