マイケルJr. 育成中

アクセスカウンタ

zoom RSS 6歳8・9ヵ月のJr. 〜夏休み 妹誕生〜

<<   作成日時 : 2016/11/18 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年7-8月の記録です。

妹が生まれた
この夏一番の出来事はこれ。Jr.に妹が生まれました
Jr.も待ち望んでいた赤ちゃんで、しかもJr.の希望通りの女の子。かなり喜んでいました

兄妹間の言語
今後兄妹間の言語は何になるのかなと気になるところですが、今のところ話しかけるというよりも、あやす感じなので、何語というほど定まっていない感じ。私が近くにいることが多いので、ちょっとだけ日本語よりかな?
私の勝手な願望としては、兄妹間も日本語で話して日本語の使用機会を確保してほしいところですが、多分そう思うようにはいかないんだろうな
最初の頃は「あかちゃんに絵本読んであげて」とJr.をそそのかし、何度か簡単な絵本(私チョイスだったので日本語)を読んでくれたのですが、あっという間に本を読むのが大変なことに気づかれ(そりゃ気づくわ)長続きしませんでした
でもなんとなく、そのうち英語になってしまいそうな気がします。日本語の絵本なのに「fishy〜, fishy〜」と魚の絵を見せていたこともあり、Jr.にとって楽な言語は学校言語の英語なのかもしれません。
が、しばらくは日本語に誘導できるかちょいちょい試してみようと思っています。兄妹間のことにどこまで口出ししてよいものか迷いますが

日本で小学校に短期入学できなかった
Jr.の人生にとって、妹ができることの方が大きな大きなプラスだとは思うので、ないものねだりではあるのですが
小学生になったら夏休みは速攻で帰国して、日本の小学校に短期入学させよう、とかなり前から狙っていたのですが、今年は一時帰国できなかったで実現できませんでした。Jr.だけ日本の実家に預けて、、とも一瞬思いましたが、多分うちの家族では私以外誰も考えもしない位現実的でなく
たとえ1週間でも2週間でも、日本の小学校で授業を受けたり給食を食べたり遊んだり、日本人に囲まれて学校生活を体験することは、Jr.の日本語にとってきっと大きなプラスになったはずです。その機会を小学校の第1学年で逃したことは、とても惜しく思っています。また来年狙いますが、1年生って受け入れ側の児童もきっと初々しかったり、Jr.の日本語レベルもまだそこまで日本の子に対して劣っていない今だからこそ、ちょっと違った意味のある時期だったと思うのですよね

帰国できない代わりに、香港日本人学校での体験入学に申し込みをしたのですが、受け入れ枠が少ないのにとても人気で、ばっちり抽選に落ちました くじ運ないのは分かってたので、受かる気もしませんでしたが、、。運があれば2週間、たとえお客さん状態との噂でも、日本人に交じって日本の教科書で学校生活送れたのにな。残念


私の母(ばあば)と伯母が来てくれた
ばあばは産前産後合わせて3週間、別で私の姉が1週間、赤ちゃんを見に&Jr.の相手をしに来てくれました。おかげでJr.は私が付き合ってあげられない時間も、誰かしら身内のケアを受けられました。
妹ができたことによるJr.の負担を和らげることももちろんですが、日本に帰れなかった分、少しでも日常的に日本語で過ごす相手が増えた点も、よかったかなと思っています。
とはいえ、私とばあばが見ていても、Jr.の一人遊びは英語だったりしてましたが

日本語で観劇
夏の日本語体験を少しでも増やそうと、1回だけですが日本語の観劇に行きました。毎年香港に公演に来ているという日本の劇団を友人に教えてもらい、劇団飛行船の「オズの魔法使い」を観に行くことができました。Jr.とマイケルとばあばの3人で行ってもらったのですが、Jr.は初めての観劇でもあり(音楽やダンスはホールで観たことがあったけどセリフ付きは初めて)、とても楽しかったみたいです。ばあば曰く、演劇は完成度が高く、大人もかなり楽しかったようです。4公演中1回の日本語公演だったのですが、日本人以外のお客さんもいて席も埋まっていたそうです。
日本で観劇に行くのはちょっと敷居が高い感じがしますが、香港だと自宅からホールへの距離も近くちょっと気楽な感じがします。また機会があったら何か見に行くのもよいなと思いました。

マイケル母(ア-マ-)との触れ合いが増えた
夏の間のJr.のアクティビティの送り迎えを、マイケルができない分は当初ヘルパーさんにお願いしようと思っていたのですが、マイケル母がかって出てくれました。あまりヘルパーさん任せにしたらJr.がかわいそうだと。
さらに出産のときや私の母や姉がいない週末は泊りで預かってくれて、夏の間にJr.は合計6泊もお泊りさせてもらいました。その間、映画や科学館に連れて行ってもらったりと、普段から 爺爺イェイェ-(父方祖父)、阿媽アマ(父方祖母)の家に泊まるのが大好きなJr.は、しっかり構ってもらえてよい気分転換に
そんなこんなで、こちらが恐縮する程にたくさん手伝っていただきました。感謝 おかげでJr.はアーマーとの触れ合いがいつも以上に増え、広東語の会話も普段よりは多かったかも

英語で映画鑑賞
アーマーにFinding Doryに連れて行ってもらいました。マイケルが原作主義なので、Disneyアニメは英語で鑑賞。Jr.は満足して帰ってきたので、英語でも問題なく見れたのだと思います。映画が楽しかったのか、アーマーとのお出かけが楽しかったのか不明ですが
ちなみに映画鑑賞は、学校でも休み前にいくつか見せてもらったらしく、Minions(私は観てないのでセリフがどれだけあるのか知らないのですが)、Good dinosaurなんかを英語で観たらしいです。

お気に入りテレビ
2ヵ月前位からDisney Channel にはまっていたJr.ですが、そろそろ飽きたようで、今度はNICK Jr.のチャンネルにはまっています。あんなに好きだったSofia the FirstやOSO等、ディズニーアニメはもうほとんど見ていません。特に最近のお気に入りは次の3つ。

Zack and Quack
飛び出す仕掛け絵本の中の世界、という面白い発想の設定。主人公の男の子Zackと相棒のアヒルQuack、彼らの家の庭に住む動物と、お隣さんの女の子を中心に、町や自然の中に冒険に出かけます。登場する人も物も背景も、すべて紙で立体的に作られているという設定で、冒険に必要なものも紙とはさみで作り出し、仕掛け絵本のようにスイッチで引き出したりして、見ていてとても楽しいです。イスラエルのアニメなようです。

PAW Patrol
人間の男の子が司令官で、6匹の子犬達が子犬たちがそれぞれの特性を生かして町の事件を解決するレスキューアニメ。子犬の小屋がレスキュー車に変形するっていう、おもちゃ会社との提携を見込んだ設定(笑)
No Job is too big, No pup is smallってのが決め台詞なのですが、設定上助けが必要なシチュエーションが毎回発生するのですが、町の人間たちがおっちょこちょい過ぎるってのが(笑) ちょっと幼稚園児向け。

Blaze & the Monster Machines
4輪駆動の車のキャラクター達が中心のアニメ。タイヤのサスペンションがめっちゃバネになっていて、車たちがビョンビョン跳ねるし空中回転するし、なかなか斬新な設定。なぜか1台だけ男の子が乗車してる。毎回のミッションに、放物線の角度とか反射角とか物理的な要素を入れ込んでいるところが面白いです。ある回は「chain reaction」って「連鎖反応」かよ!そんな単語入れてくることにびっくりしました。子供がどこまでわかっているのかは謎ですが。


日本語のテレビ導入を迷う
我が家のテレビは日本語のチャンネルはNHKしか映りません。ネットを経由すれば日本のテレビを見る環境もなくはないのですが、Jr.には見せていません(回線が遅いのと操作が面倒なので大人も見てない、、)。
日本に帰れない分、日本語環境の向上に、日本の番組を手軽にテレビで見られるようなシステムを導入すべきか少し迷ったのですが、結局しませんでした。
NHKで子供向けの番組をいくつか録画して見せてみても興味を示さず、英語アニメを相当気に入っている現状に日本語の番組が入るスキがあるのかわからなかったことと、私がずぼらだったことが主な理由です、、。
これに関しては引き続き迷っています。また後日書くかもしれません。


長くなったので、夏の間の「習い事」と「学習」については次の記事にします。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入り

6歳8・9ヵ月のJr. 〜夏休み 妹誕生〜 マイケルJr. 育成中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる