マイケルJr. 育成中

アクセスカウンタ

zoom RSS 5歳11ヵ月のJr. 〜どうにか小学生やってます〜

<<   作成日時 : 2016/01/05 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年10月のJr.はこんな感じでした。

学校言葉?でたしなめられた
ある時、Jr.が書いたハートが随分と丸っこかったので、「ハートが丸いね」と声をかけると、ハイドーワーヤン(係度話人:ここに人の悪口言う人がいる)と、広東語で注意というか、からかわれるように言われました。多分学校で「人のことを(悪く)言ってはいけません」と先生がよく使うフレーズなのかな?
いや、悪く言ったつもりじゃなかったんですが、、すみません、、 って感じでした。

学校のストーリーてリングの内容を報告してくれた
Three farmers want to kill the foxって話だったと、学校の読み聞かせの時間のことを報告してくれました。その後のストーリーも多分先生の言ったフレーズ毎覚えてることもあり、かなり上手に英語で説明してくれ、マイケルは感動してました まあ、仕返しに殺す?をKill backと表現してしまったりと、英語的に間違いも含まれていましたが。(revengeとかpay backが正しいらしい)
発音も悪くなく、マイケルはまだ見ぬ英語の先生にハグしたいくらい感謝とか言い出す始末 どうやら英語の先生はかなり良い発音の持ち主みたいです。
幼稚園では英語担当がネイティブと香港人のペアだったのもあり、マイケル的に納得のいかない香港英語発音で覚えて来る単語が幾つかありましたが、小学校の英語は発音的にも期待できそうです

広東語で寝言
広東語で、ベイファーンオーラ(畀返我啦:返して)と言ってました。先月英語の寝言で早速学校言語の影響かな?と思ってましたが、クラスメートとは広東語で話しているはずので、結局は夢の登場人物による、ということなのかもしれません。

Pantsとパンツ
教科書に衣服の「ズボン」として登場した「Pants」という単語に反応して日本語の「パンツ!パンツ!!」と盛り上がりすぎたシモ系男子、パパに怒られてました
「英語のPantsははズボンの意味しかない、そんなバカみたいに笑ったら皆に変な奴だと思われるよ」って、、真面目に怒られてるのをはたから見てて、なんだか私は笑ってしまいました まあ、日本語的には男子の食いつく単語だわな、、。

ちなみに、GS(General Study:生活)の教科書はマイケル曰く、とてもアジア的表現の英語だそうです。中国語版も出している香港の出版社の教科書なので、仕方ないのかもしれませんが。Jr.の学校は教科担任制なので、GSは名前からすると香港人の先生ですが、まだ会ったことがなく、どんな英語を話すのか分かりません。ただ、宿題の指示がなんだかこの教科は飛びぬけて分かりにくいんですよね、、。どんな先生なのか謎。


英語から広東語に言葉を訳す
マイケルとJr.がしゃべっているときに、単語は忘れましたが「運が悪い」という話をしていたら、Bad Chanceだね!とJr. うん、、惜しいBad Luck
正しく訳せたわけではなかったのですが、今までJr.は広東語英語では断然広東語優位だったこともあり、英語を聞きとって広東語に訳すことはあっても、その逆はほとんどなかったので、なんだか珍しいエピソードとしてメモしてありました

相変わらず英語アニメ好き
日々の宿題に追われてJr.の平日の自由時間はかなり制限されてしまっていますが、せめてもの休憩時間にと、テレビを5-10分と短時間で見せています。短時間過ぎて1エピソード見切れないのですが、かといって全部見せる程の時間的余裕はなく、かわいそうですが途中で切って、切れ切れに見せています。今のところJr.も仕方ないと割り切ってくれているみたい。週末は割とゆっくり見れます。

最近のお気に入りは、
Wild Kratts
主人公は男の子2人(今調べたらKratt兄弟らしい)を中心とした若い生物学者チーム(皆10代?)が、野生動物の観察をする中でのドタバタ劇のアニメ。毎回誰かしらのドジでピンチに陥って、でもその回のテーマの動物の特性を生かし問題を解決するアニメ。超進化した装置を使って、小さくなったり、ターゲットの動物に変身して動物の特性を発揮出来たり。珍しく主人公がちょっと年上(一応大人?)だけど、子供が楽しめるアニメです。動物の特徴や能力など、多分ちゃんと調べて忠実に表現してあるのだろうな、というお話で、親から見ても、なんだか勉強になるストーリーだったりします。音楽も軽快で、面白いです。アメリカの物みたい。

Timmy Time
Shaun the sheepに登場する赤ちゃん羊を主人公にした、幼稚園を舞台にしたクレイアニメ。Shaun the sheepと同じく台詞は無く、登場する動物たちの鳴き声のみで進行されます。
Jr.は以前幼稚園時代に見た時はあまり興味がないようでしたが、最近テレビで放送された分を見せた時には、割と気に入ったようです。

Banana in Pajamas 実写版
アニメ版しか見たことが無かったので、今回実写版を初めて見た時は、Jr.も親も、かなり衝撃を受けました。これ実写あったのかと。むしろ今回の実写版の映像の古さを見るに、もしや実写の方が先にあった?と思えなくもない程。オープニングのアニメ画もそうとう古い感じなので、実際どちらが先か分かりませんが。ストーリーはアニメと同じような感じで、主人公のバナナ2人と友達のクマ3匹、近所のネズミのおじさんを中心とした話です。
マイケル曰く、テディベアは子供の設定なのに随分おばさんの声だそうな

Wanda and the Alien
ウサギの子Wandaと、4つ目の宇宙人の子Alienの交流のお話。2人が一緒に遊ぶ中で、Alianがたまに魔法を使ったり。組み合わせが突拍子もないですが、かわいい絵で、ほんわか系です。イギリスのアニメかな?


プレイデート、中止に追い込まれる
いつまでたっても私自身慣れないのですが、友達と約束してどこかで遊ぶことをインタースクールなんかでは「プレイデート」と言うらしいです。慣れないと言いつつ、他に端的に表せる言葉が見つからず、ここでも使ってみました。
週1回定期的に、日本人の友達と遊ぶ日を設定していたのですが、やはり放課後帰宅してからの1-1.5時間を遊びに費やしてしまうと、モロに宿題に響く、というのが顕著になって来て、とうとう中止せざるを得なくなりました。
放課後に全く遊びの時間がないというのは子供にとってはホントにかわいそうな状況なのですが、どうにも宿題が終わらなくて夕食が20時になってしまたtり、最悪の日は21時になってしまったり、、 本来は目標就寝時間が20時半なので、とうとうこれは無理だ、と観念しました
しばらく、どうにか宿題の少なそうな日に遊べないかともがいたのですが、宿題の量が日によって週によって違いかかる時間もよめず、大丈夫かな?と遊んでしまうと結局やはり就寝時間が遅くなってしまうので、どうしようもありませんでした。日本語の時間としても、単に遊びの時間としても良い時間だったのに、すごく残念です、、



そのほかに、「完成って言葉を知ってる」というメモがありましたが、よく考えたら夏休みにも進出単語として出ていました。それだけJr.が使うのが珍しい単語ってことでしょうか。
日本語に限らず、これからもどんどん語彙が増えて行ってくれるといいな

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入り

5歳11ヵ月のJr. 〜どうにか小学生やってます〜 マイケルJr. 育成中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる