マイケルJr. 育成中

アクセスカウンタ

zoom RSS 5歳10ヵ月のJr. 〜香港小学校入学〜

<<   作成日時 : 2016/01/04 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初に、こんなに細かいこと気にしてみてる人はいないと思いますが、自分用メモを。
今までJr.の現状記録は、Jr.の月誕生日を区切りに、それ以前の1ヶ月を「Xヶ月まで」の記事としてまとめていました。
「Xヵ月の現状」と言うと「Xヶ月目」の方が感覚的には合ってるよな、、とかなり前から気になっていたのですが、いつからずれていたのかあいまいで、ブログ記事の訂正も面倒だったのであえてそのままにしていました。
今回小学校入学を機に、記事をまとめやすく、カレンダー月単位で、「主にXヶ月目の現状」としたいと思います。



ここから本題、2015年9月、5歳10カ月目のJr.はこんなでした。


Jr.はとうとう香港で小学校に入学しました
日本ではまだ幼稚園年長の年齢ですが、香港では学年始まりが9月なので、半年早い形になります。

落第するんじゃないかと思った
授業が始まってから数週間、はっきり言って、本気でJr.は落第するんじゃないかと思い悩み、焦りました。なぜなら宿題のペースに全くついて行けないから どこら辺が落第ラインなのか、早めに先生に確認した方がいいんじゃないかと、本気で思ってました。
香港では落第は幼稚園の段階から存在します。もともと日本のように年齢と学年の区切りが厳密ではなく、入学時期を2年くらいの幅で選択しようと思えばできる状態ですし、もちろん数は多くないですが、授業について行けない子には、子供のためにもう一年同じ学年にしたら?と声がかかるのはごく一般的みたいです。

入学後1週間は、オリエンテーションという名目だったのですが、慣らしと言えども遊び過ぎて、学校という場所には慣れるかもしれないけれど、授業を含めた学校生活への慣らしには全くなってないよね、、という状態でした。
2週間目に時間短縮で授業形式が導入され、そこから一気に生活が変わりました。授業言語が英語になったので、当たり前ですが全教科宿題が英語で出題されるのでが、Jr.はその問題文章が読めない 「英語」も「生活(General Study)」も、もはや教科の差が関係ないくらい、Jr.にとっては難問、かろうじて「算数」はわかる部分もありつつ、それでも図や式を理解するための指示が英語なので、、。そしてもちろん「中国語」は苦手教科で分からない 更に「スペイン語」ががっつり初級スペイン語(多分スペイン人小学1年生向け)が始まったので、親もますますついていけない、、
更に、3週間目に通常時間で授業が始まると、うちの学校は帰宅時間が遅くて夕方5時。帰宅が遅い分、本来は学校で宿題をする時間が1コマ設定されていて、学校の想定としてはほとんどの宿題は学校で終わらせる、というのですが、どうやら初めはオリエンテーション的に遊んでばかりいたらしい。宿題やってよ!って切に思いました なので帰宅してから全ての宿題をするのが、、もう親子共々大変でした

全く分からない英文を、無理やりに一緒に読んで、これまた全く分からない文法を説明しても分からないまま、とりあえず答えを書き込ませる、、という状態。こんな理解しないままやっても身になってないないな、、と思いながらも、どうしようもなく、子供も分からないから集中力が続かないし、怒っても無駄だと頭では分かっていても、つい声を荒げてしまったり、、親子ともにストレスMAX

そんな中、早速単語テストが開始される、、。英単語と漢字が隔週で、さらにスペイン語クラス特有のスペイン語単語テストが漢字テストと日程が被る、、。全然覚えられないし、、。
さらにそれとは別に週ごとに各教科の小テストが入るらしい、、。

ギャーーーー
ってなってました。。

が、月末頃に、ようやくペースに慣れ始め、成績不良でもさすがに落第までは行かないで済みそう、、と思えるようになりました。

英語がぐんぐん上達する
ある時Jr.が、I know just the right thing!と、「ぴったりのものがある!」とまさに使い方も文法も正しく言ってびっくりしました。今までこんな、ちょっと凝った?文章を正確に言うことは少なかったので。
他には、I didn't use spoon todayと過去形を正しく言ってみたり。
例を上げるとなんだか大したことないのですが、全体的に英語レベルがどんどん上がって行くのが感じられました。元のレベルが低かったので伸びシロが大きいというのもありますが、やはり毎日実践の場がある言語はすごい速さで上達するようです。
この英語の伸びを実感できたことで、落第の恐怖から逃れられました

初はっきり英語寝言?
I don't wantだかI wantだか、けっこうはっきり言いました。その後help me!って悪夢ですか
学校2日目だったのですが、英語教育(学校言語は英語)が早くも影響したのか?とびっくりしました。

スペイン語もちらほら登場
ノメヤモJr.(Yo me llamo XX)が、スペイン語で「私の名前はXX」だそうで、嬉しそうに教えてくれました。これまでスペイン語は単語は覚えても、文章できちんと教えてくれることはあまりなかったので。さすがスペイン語クラスだけのことはあるのかも。

習い事変更
「日本語の習字」は、学校が始まり時間を取るのが難しかったので、いったん終了しました。時間だけの問題ではなく、Jr.がすでに飽きたと言うか嫌になりかけていたので、傷が深くならないうちに終了したというのもありますが 親としては、日本語の言語としても文化としても、いつかまた再開するタイミングがあるといいな、と思っています。

「英語の水泳」」は残念ながら教室が閉鎖となってしまい、広東語のレッスンに切り替えました。英語クラスを探したのですが、時間と場所で都合のよいところが見つからず。習い事の他で英語環境は学校やマイケルとの会話もふえているので、まあいいかと広東語になりました。

というわけで現在、Jr.の習い事はこんな感じ。
・土曜学校 (日本語 3時間×週1回)
・春ラグビー(日本語 1時間半×週1回・4-6月)
・秋ラグビー(英語 1時間×週1回・9-3月)
・水泳    (広東語 60分×週1回)
・ピアノ   (広東語 30分×週2回)

その他に習い事ではないけれど、週1回定期的に日本人の友達と遊ぶ日を設定しています。
日本語 1〜1.5時間×週1回)

あと残念なことに、日々の宿題のおかげで、公園に行く時間はほとんど無くなってしまいました。幼稚園時代はほぼ毎日帰宅後に公園に行っていたのですが、今はもう一刻も早く宿題を始めねば!となってしまい、、。
かろうじて金曜だけ午後2時に帰宅するので、その日はなるべく行くようにしています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入り

5歳10ヵ月のJr. 〜香港小学校入学〜 マイケルJr. 育成中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる