マイケルJr. 育成中

アクセスカウンタ

zoom RSS 4歳3ヵ月のJr.

<<   作成日時 : 2014/03/11 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この月の最後に11日間、シドニーに行ってきました
例年通り旧正月休みを親族と共に過ごすための旅行?帰省?なので、旅先英語ルールは適用ですが、親族と集まる時は広東語と英語と半々くらいでした。


まずは今月気付いたことから。

「寿司」の発音が外人ぽい!
これに気付いた時の私のショックったら
総合言語力として3言語ネイティブ並みに、というのは理想として望み過ぎだとは分かってましたとも。でも発音だけは3言語ネイティブって理想を追い求め、それくらいは出来るんじゃないかと淡いというか楽観的な期待を持っていたのに、、やはり難しいのか
そうですよね、文法が言語間で作用して上達するようにマルチリンガルのメリットもあれば、発音がお互いに干渉し合って正しくならないってデメリットだってあり得ますよね
Jr.のすしはまさにSu・Shiに聞こえます。「」も「」もなんか違うんですよ、「S」の音が入っていると言うか、ほんとアニメの外人さんの「オー コレガ スシ デスネー」て台詞が聞こえてきそうな
今までもこの単語は聞いてきたはずなのですが、気になったのは初めてでした。何度も言い直しをさせた結果(Jr.が機嫌悪くなる位)、「さ行」が正しく言えないんだなと、実は初めて気が付きました。
いままであいうえおの発音を一字一字気にして聞いていたことが無く、あらためて50音を各行ゆっくり言わせてみると、「さ行」と「た行」がちょっとおかしいみたいです。
ただ私が発音した後に言い直しをさせると、きれいに日本語らしく発音出来る時もあり、これはまだ修正が効くのではないかと、またも楽観したいところです。
その後何日かは折を見て「さ行」とか「た行」を言わせて直したりしてましたが、Jr.も何度も言い直しさせられて不機嫌になるし、なかなか矯正は難しいなーと思ったり。でもそう言えば記事を書いてる今は忘れてた、、
これからも時々は、50音の確認して行きたいなと思います。

広東語もちょっとなまってる
Jr.の発音について、他の香港人-日本人カップルのご夫婦と話した時に色々実験?したときの記録です。
Jr.に1-10まで広東語で数えさせると、チャッ七バッ八あたりがなまってるらしいです。私にはちょっと判別付きませんが。
香港の発音もHeung Gwongと日本人には難しいのですが、Jr.は「香Heung」の音が今一歩らしいです(ちなみに私もまあまあだけどJr.の方が上手との評をいただきました)、、
それから、ヒュン圏、という字の発音も難しいらしいのですが、Jr.は一発OKもらってました(私は何度か直されてOK)
私も大人の広東語初心者としてはまあ頑張ってる方だと思いますので、それよりはJr.の方が上手だと言うのは安心でもあり、それじゃ足りないよとも思いますが、これからまだまだ頑張ってほしい所です。

ちなみに日本語のぞう(象)が香港人には難しいらしいのですが、Jr.は普通に言えます。JZの間位になってしまう人が多いそうです。


英語頑張ってます
ついこの間まで(4歳の記事)3か月前まで、英語で長い文章が作れなくて生意気英語しか使えなかったJr.ですが、ようやくCan I have some...のフレーズが使えるようになりました。
こちらは聞いていて一安心です

アルファベットは半分位
Jr.は今、アルファベットの読みは多分大体全部出来ると思いますが、この前A-Zまでの書き取りの宿題が出ました。その時に、ABCの歌を歌いながら次の文字を確認していたのが印象的でした。私も子供の頃はそうやってたなーって 私がアルファベットを覚えたのよりJr.の方が年齢はぐっと下ですが、それでも同じ方法を使うんだなと言うのがなんだか面白かったです。
ちなみに書き取りは、Lが鏡文字になってたり、Mから先は歌も思い出せなくなったりしてました。多分勢いよく歌えば全部歌えるのですが、ゆっくり確認しながらだと詰まってました。

数字は10代がまだ微妙
1-20までの数字の書き取りの宿題では、13位まで勢いで書けるけど、14辺りから10の位の概念が分かってないのが顕著になってました。1の位と10の位が分かってないから17を71と書いたりするし、17を「じゅう」と「なな」ではなく「いち」と「なな」と考えてるみたいだし。
学校でどの程度丁寧に「算数」として教えているのか定かではないですが、数の概念と言うよりもただ単に「言葉」として教えているだけな気もします。そして言葉を言い間違う、って感じです。

日本語が広東語に引きづられてる
先月も同じようなことを書きましたが、また似たような現象がありました。
Jr.は行くよと言うべきところをくるよーと言います。広東語ではライラー(嚟啦)ライ(嚟):来るの動詞を使うことに影響されているのだと思います。英語もI'm commingで同じく「来る」の動詞を使いますね。こっちも原因なのかしら?

語彙不足
Jr.は洋服全般のことをTシャツと言います。このTシャツかわいいねとスカートのことを褒めてくれたり いや、、嬉しいけどちょっと違う、みたいな。
実はこれはけっこう前からのことなのですが、何度説明しても「服・洋服」という言い方が定着しないんですよね

そういえば恐竜の卵を見てガイダーン(鶏蛋:にわとりの卵)
と言っていました。Jr.には卵と言えば食べる卵しか知らなかったんだな
正しくはホンロンダーン(巨龍蛋:恐竜の卵)です。

旅先英語頑張ろうとはしてたけど、、
マイケルが英語に切り替えたから自分も英語で話さないと、というのは理解したようで、頑張って英語で話し始めたのですが、すぐ無理と悟って広東語に戻してました、、言いたい単語が思いつかないからサクッと広東語で、みたいな。判断が早いと言うか諦めが早いと言うか、、。
それでも時々はI don't know gate what(gateが何だか分からない)とか、分からない単語を質問したりと、Jr.なりには頑張ったと思います。
マイケルも広東語で言われたことにも英語で返事をしていたけれど、同じことを英語でリピートさせ直す、とまではあまり徹底していませんでした。
まあそれでもシドニー滞在中でほんのちょっとは進歩したかな?1歳上の従兄(英語中心広東語少し)には、一応英語中心で話しかけていました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

お気に入り

4歳3ヵ月のJr. マイケルJr. 育成中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる